キッチンの蛇口タイプにより水漏れの原因が異なる~水漏れ修理前に確認~

キッチンの蛇口からの水漏れを自分でチェック

水漏れ修理業者に依頼する前に、まずは自分でどのような状態になっているのか確認してみましょう。部品が劣化しているのか他に問題があるのかを事前に知っておくことができます。

まずは自分で水漏れの状態を確認!

ハンドル式
ハンドル式の蛇口の水漏れを確認するためには、まずハンドルを取り外します。ハンドルを取り外す際はスパナが必要になります。ハンドルを取り外すと、その下にバルブという部品が付いているので、それも取り外します。バルブ部分が汚れている場合は、掃除をすれば水漏れが改善するケースが多いです。それでも直らないのであれば、部品の交換が必要になります。
シングルレバー式
シングルレバー式の蛇口はハンドル式よりも少し複雑になります。止水栓を止めたら、ハンドル式と同じように工具を使ってバルブを取り外します。シングルレバー式はバルブの交換が必要になる場合が多いため、自分で直すのは難しいでしょう。分解も少し難しいので、水漏れ修理業者に依頼して来てもらったほうが手っ取り早いでしょう。

止水栓の止め方

水漏れ修理を行なう際は、事前に止水栓を止めなければならないのですが、止め方を知っている人は少ないでしょう。まずは止水栓がどこにあるかということですが、水道管から家の中に水を供給している所と、キッチンの器具につながるところにあります。しかし、家によっては見える場所にないこともあります。トイレの止水栓はタンクから壁の中に配管がつながっているので分かりやすいですが、キッチンの場合は水回りに見当たらないことがあります。もし見つからないのであれば、水道メーターの近くを探してみましょう。ハンドル式かマイナスドライバーで開閉できるものが止水栓です。

TOPボタン